ニキビの原因を知ることで、効果的な治し方が分かってくる ニキビの原因を知ることで、効果的な治し方が分かってくる

顔に症状があらわれる肌トラブルの代表に、ニキビがあげられます。ニキビには、10代にできやすい思春期タイプのものと、20代30代にできやすい大人タイプのものがあります。

どちらのタイプも肌に赤みと痛みが出るという共通点がありますが、できる原因に違いが出てきます。

正しく効果的な治し方をするためには、その原因を理解しておくことが大切です。

10代の頃に多くあらわれる思春期タイプのニキビは、皮脂の過剰分泌が主な原因となってきます。

日焼け止めやメイクなどの汚れや、古い角質、空気中に漂うホコリなどが毛穴に詰まり、それが皮脂と混ざることで、雑菌が繁殖しやすくなるのです。

 

 

大人ニキビは生活改善+サプリで◎

これに対して大人ニキビは、生活習慣の乱れによる肌のターンオーバーの低下が要因してきます。

肌のターンオーバが低下すると、古い角質が長い間留まることになり、その結果、毛穴を詰まらせてニキビと悪化することになります。

思春期タイプの治し方は、肌を清潔にし、皮脂と水分のバランス量を整えることが大切になってきます。

肌を清潔にするには、1日2回の洗顔が有効です。

さらに、皮脂と水分のバランスを整えるには、皮脂を取り除くことよりも水分の補充を意識することがポイントとなってきます。

大人ニキビのケアは、肌のターンオーバーをアップさせる必要があります。

そのためには生活習慣を整えることを心がけてみましょう。

睡眠不足やストレスを改善したり、サプリメントを利用して栄養を補うのも効果的です。

http://www.thebluemoon.info/が参考になりました。