2015年 12月 の投稿一覧

発毛シャンプーの種類と効果

最近薄毛で悩んでいる人の間で人気なのが発毛シャンプーです。

発毛シャンプーにはどのような種類があるのでしょうか。

発毛シャンプーで代表的なものは、アミノ酸系のシャンプーです。

髪はもともと、アミノ酸によってつくられるたんぱく質が主成分です。

アミノ酸を配合した発毛シャンプーを利用することで、発毛に欠かせないたんぱく質が
直接髪に補われることで、コシやハリのある髪になれると言われています。

アミノ酸系の発毛シャンプーは比較的使いやすい商品ですので、シャンプーを使った発毛を始めてする人に向いています。

クラチャイダム

発毛シャンプーの中でも、天然アミノ酸系のものは肌荒れがしやすい人向きです。

肌アレルギーが出やすいという人でも、低刺激のシャンプーならば安心できます。

普通の肌の人であれば、合成アミノ酸系の発毛シャンプーでも大丈夫です。

シャンプーを毎日するという人でも、普通に利用できます。

石鹸発毛シャンプーは、脂性肌の人向きです。

肌への刺激は強いですが、洗浄力が強く、皮膚をきれいにすることができます。

ただし、洗髪は毎日しているという人は避けた方がいいようです。

高級アルコール系シャンプーも販売されています。

油脂の分泌が多い人から、普通くらいの人まで、天然、合成いずれのシャンプーでもおすすめです。

様々な発毛シャンプーが販売されていますが、自分にはどれがいいか考えながら選択するといいでしょう。

 

育毛に役立つシャンプーの選び方とは

シャンプーで育毛をめざすのであれば、重要なのはシャンプー選びです。

シャンプーで髪を洗い、毛穴の汚れを落とすことで、育毛剤の浸透もよくなります。

まずアミノ酸系のシャンプーにすることが、シャンプーを選ぶ時のポイントになります。

多くの今販売されているシャンプーには、たくさんの石油系の界面活性剤が含まれているといいます。

洗浄力はけっこうありますが、頭皮へ与えるダメージが大きく、育毛にはあまり良くないのが石油系シャンプーです。

育毛効果がある天然成分を含んでおり、弱酸性なのが大事な条件です。
男性美容
天然成分は頭皮に対して低刺激で、頭皮へのダメージを抑えて髪の汚れを落とすことかできます。

シャンプー弱酸性がいいのは、もともと人間の頭皮は弱酸性のため、アルカリ性のシャンプーは皮膚にデメリットがあるのです。

肌トラブルが起きると髪に栄養が届かなくなり、新しい髪をつくりづらくなります。

できるだけ頭皮にダメージを与えずに汚れを落とす工夫が、育毛のためには不可欠です。

シャンプーを正しく行うことを前提に選ぶと良いのが、自分の肌質に適したものです。

髪と頭皮の状態を正常にすることは育毛のためのポイントです。

実際に買う時にはたくさんのシャンプーが販売されていますので、よく考えて選ばなければなりません。

広告の売り文句に惑わされないよう、しっかり育毛に役立つシャンプーを選びましょう。

育毛に大事なシャンプー後のすすぎ

実際に育毛シャンプーを使うときに大切なのが、洗髪したあとのすすぎです。

洗う時間よりも、すすぎに費やす時間のほうを長くした方がいいと言われています。

頭皮への刺激になるのがシャンプーの洗い残しで、肌荒れが起こる要因になってしまいます。

とくに念入りなすすぎがおすすめなのが、頭皮の吹き出物やかゆみ、荒れで困っている人です。

多少の洗い残しは、育毛シャンプーのようなアミノ酸シャンプーであれば気にすることはありませんが、もちろんしっかりとすすいだほうが良いといえるでしょう。
男性美容
シャンプーを洗い流しやすくするには、お湯ですすぐ時間を長くする以外にもいくつか方法があります。

すすぎやすさをアップさせるためには、、お風呂にゆっくり入って汗をかいたり、育毛シャンプーの前にきちんとブラッシングをしたりすることも効果があります。

汚れや老廃物が洗い落とされやすくなるためです。

まず後頭部から側頭部、そして頭頂部、前頭部とすすでいくのが、おすすめのすすぐ順番です。

育毛シャンプーの泡が順番を逆にすると、すすぎが終了した場所にまた流れていったりもするのです。

特にすすぎ足りないことが、耳のまわりや、えり足などにはあるようです。

育毛シャンプーを使う時には、洗髪そのものも大事ですが、すすぎもしっかり行うようにしましょう。